雑誌:2022年4月25日発売(4/30・5/7合併号)
広告特集/雑誌×WEB クロスメディア企画

近年では、テレワークの普及やおうち時間をより良く過ごすためにもリノベーションが注目されるようになりました。ただ、一口に「修繕、リフォーム、リノベーション」と言っても何を始めて良いかや、始めた場合にどのようなメリットがあるか分からないという読者も多いのではないでしょうか?
近年では、テレワークの普及やおうち時間をより良く過ごすためにもリノベーションが注目されるようになりました。ただ、一口に「修繕、リフォーム、リノベーション」と言っても何を始めて良いかや、始めた場合にどのようなメリットがあるか分からないという読者も多いのではないでしょうか?

クロスメディア展開

より良く生きるための、
住まいづくり最前線 仮題

より良く生きるための、<br>住まいづくり最前線 

雑誌:2022年4月25日発売(4/30・5/7合併号)
WEB:2022年5月11日-

企画趣旨

 マンション・一戸建てを問わず、住宅に住み始めてから年数が経つにつれて住宅設備の老朽化を避けることはできません。また、近年では、テレワークの普及やおうち時間をより良く過ごすためにもリノベーションが注目されるようになりました。Well-beingの観点からも、住環境を良好に保つことは重要と言えるのではないのでしょうか。ただ、一口に「修繕、リフォーム、リノベーション」と言っても何を始めて良いかや、始めた場合にどのようなメリットがあるか分からないという読者も多いのではないでしょうか?
 
 そこで、『週刊東洋経済』2022年4月25日発売号ならびに『東洋経済オンライン』におきまして、「より良く生きるための、住まいづくり最前線」(仮題)と題したクロスメディア広告特集を企画いたしました。本特集では、より良く生きるための住まいづくりを解説する総論ページに続き、修繕、リフォーム、リノベーションをサービスとして提供する参画広告主様を、記事広告、純広告でご紹介させていただきます。また、『週刊東洋経済』誌面の内容を、『東洋経済オンライン』にも掲載することで貴社ソリューションをより幅広いビジネスパーソンに訴求することを目指してまいります。

媒体概要
週刊東洋経済

マネジメント層が中心読者
読者全体の約5割を占めるコア層は、経営の中枢を担うマネジメント層であり、企業活動の意思決定に関与する立場にある読者は約6割にものぼります。
120年を超える歴史
『週刊東洋経済』は2015年11月に創刊120周年を迎えました。全上場会社に担当記者を配置するという独自の取材体制を生かした誌面作りに対しては、長年にわたり企業経営のトップ及びミドル層から高い支持をいただいております。

掲載概要

スケジュール・掲載料金(税別)