デジタル広告よくある質問

一般的な質問

掲載する記事広告はどこにリンクが貼られるのですか?

「東洋経済オンライン」内の専用の広告枠に掲載します。掲載場所や掲載量は当方の裁量にて決定・実施させていただいております。

特集企画などはありますか。

「東洋経済オンライン」単体の広告特集と、『週刊東洋経済』との連合企画がございます。詳しくは広告特集ページをご覧ください。

どのような種類の広告掲載が可能ですか?

「東洋経済オンライン」では、記事広告やディスプレイ広告、メール広告、運用型広告を用意しております。お客様のご要望に沿ったメニューをご提案いたしますので、ぜひご相談ください。

英語の媒体資料などはありますか?

英語版の媒体資料はこちらよりご確認いただけます。

記事広告に外部媒体から誘導することは可能でしょうか?

「東洋経済オンライン」から記事広告への誘導期間内のみ可能となります。誘導期間終了後は二次利用費を承ります。

記事広告にタグは設置可能でしょうか?

タグの種類や目的によって都度審査・別途タグ設置費をいただいております。詳細は弊社担当にご相談ください。

サンプルや事例は見られますか。

記事広告は1年分の事例をご覧いただくことが可能です。閲覧をご希望の場合は、IDとパスワードを発行いたしますので、お問い合わせください。

編集記事風体裁とオリジナルデザインの違いは何ですか?

編集記事風体裁は、東洋経済オンラインの編集記事と同様のデザインに落とし込むため、読者の方に違和感なくお届けできます。オリジナルデザインは記事デザインが可能なため、商材をより魅力的に届けることが可能です。

広告代理店のマージンについて教えてください。

マージンの料率はメニューよって異なります。詳細は弊社担当にご相談ください。

広告メニューについて

記事広告に有識者や著名人の方に出演いただくように手配いただくことはできますか。

東洋経済からオファーすることは可能です。先方のスケジュールや都合によりご希望に添えない場合がございますのであらかじめご了承ください。また、出演料は実費で申し受けます。

週刊東洋経済に掲載して、オンラインへの転載も可能でしょうか。

可能です。オンライン転載の場合は、通常よりもお得な金額にて、追加することが可能です。

「東洋経済オンライン」のアカウントでタイアップ記事をオーガニック投稿いただくことはできますか。

「東洋経済オンライン @toyokeizai」からは不可ですが、プロモーション専用Twitterアカウントである「東洋経済ブランドスタジオ @toyokeizai_bs」からタイアップ記事のオーガニック投稿をしています。

ディスプレイ広告に自社で用意したタグを設置したいのですが、可能でしょうか。

一部タグは可能ですが、有料となります。詳しくは媒体資料をお読みの上、お問い合わせください。

リードジェネレーションのライトプランと通常プランの違いは何ですか?

ライトプランはお客様お持ちのPDFをフックにしてリードを獲得するメニューで、通常プランはPDFの作成から当社にて承ります。ただし、実施可否判断を行いますので、詳細は弊社担当にご相談ください。

読者調査を行うメニューはありますか。

ブランドリフト調査を行うことで、読者の態度変容を知ることが可能です。詳しい内容は媒体資料をご覧ください。

記事広告の内容を自社のパンフレットや営業ツールに掲載できますか?

掲載は可能ですが、二次利用費が必要となります。詳細及び金額は担当者までお問い合わせください。

動画PMPメニューの最長秒数を教えてください。

最長30秒までご掲載可能です。完視聴なのでパフォーマンスを重視される場合は15秒をお勧めいたします。

PMPメニューでのターゲティングは可能でしょうか。

対応可能です。在庫は担当者へお問い合わせください。ターゲティングセグメントは運用型広告媒体資料27ページに掲載しております。

メール広告について詳細を教えて下さい。

編集部メール、東洋経済メールと2種類ございます。メールの空き枠についてはお問い合わせください。

お申込みについて

申し込みをしてからの広告掲載までの流れを教えてください。

ディスプレイ広告と記事広告で掲載の流れは異なります。詳細はお問い合わせください。

広告掲載希望日の何日前までにお申し込みすればよいでしょうか。

ディスプレイ広告は掲載希望日の5営業日前(一部リッチアドは10営業日前)、記事広告は掲載希望日の6~8週間前までにお願いいたします。詳細は媒体資料をご参照ください。

入稿について

タグ入稿の際に気を付けることはありますか。

タグ設置をご検討の場合は必ずご相談ください。タグ設置可否判断やテストがあるため、お申し込みは15営業日前までにお願いいたします。

東洋経済メールの入稿について気を付けることはありますか。

フォーマットの必須となっている部分につきまして、タイトル、件名など記載漏れがないようにお願いします。画像サイズは幅300~620pxです。その他、詳しい規定は入稿規定をご確認ください。

クリック保証型純広告の入稿について気を付けることはありますか。

クリエイティブは3種類以上ご用意ください。CTRの高いものに寄せて配信します。タイトル、サブタイトルで規定字数が違いますのでご注意ください。詳細は入稿規定をご確認ください。

動画広告の入稿で気を付けることはありますか。

形式、サイズ、秒数、容量に制限がありますのでご注意ください。また同時配信数は1本で、途中での差し替えはできません。詳細は入稿規定をご確認ください。

PMPメニューの入稿スケジュールを教えてください。

配信開始日の5営業日前までに入稿をお願いいたします。

PMPメニューの入稿方法を教えてください。

Google Ad Exchangeのプロポーザル経由でお願いしております。

料金について

記事広告のメニュー価格は「250万円~」とありますが、料金の変動はどのように発生しますか。

基本料金に加え、遠方取材の場合や、有識者やタレント・外部の企業・個人をアサインする際や、制作にあたって特急対応が必要な場合、別途料金が発生いたします。

自社サイトやSNSで東洋経済オンラインに掲載されたことを掲載したい場合、料金はかかりますか?

料金はかかりません。URLの発行も調整可能ですので、ご相談ください。

『週刊東洋経済』から「東洋経済オンライン」に転載したい場合の料金について教えてください。

転載の場合、1万PV保証で170万円、2万PV保証で270万円です。

記事広告内に有識者の方をアサインする場合、料金は発生しますか?

発生します。有識者の方によって金額が異なりますため、実費にて申し受けます。

ターゲティングメールの最低実施料金について教えてください。

50万円から実施可能です。ターゲティングごとに通数に変動がございますので、お問い合わせください。