デジタル広告東洋経済オンライン

東洋経済オンラインは、「週刊東洋経済」「会社四季報」を出版する東洋経済新報社が2003年6月にスタートしたWEBメディア。⽇本最⼤級のビジネス誌系サイトとして、最前線で活躍するビジネスパーソンに⽀持されています。

東洋経済オンライン東洋経済オンライン

東洋経済オンラインの特長

  1. 深く読まれるオリジナル記事を毎⽇配信

    東洋経済新報社の約70名の記者と、実力派の著者が毎日記事を掲載。 無料で読める経済ニュースの定番として多くの読者の支持を集め、集客力を維持し続けています。 

  2. 記事1本のパワーが絶大

    新聞社などのニュースメディアは月間2万本以上の記事を配信しているのに対し、 東洋経済オンラインは約500本。1本あたりの記事のPVが高く、影響力が絶大です。

  3. 読者は長文を読み慣れている知的な人

    東洋経済オンラインの記事は比較的文字数が多く、数千字にも及ぶ記事も珍しくありません。 長文をしっかりと読むことに慣れた方に愛読されています。

  4. 経営者から現場社員まで幅広いビジネスパーソンが閲読

    東洋経済オンラインの読者のメインは現役のビジネスパーソン。 経営者から管理職、現場社員まで、幅広い層に閲覧されています。

  5. ビジネス、政治・経済以外にもキャリア・教育、ライフ系記事が充実

    ビジネスや政治・経済の記事だけでなく、女性に好まれるライフスタイル記事や子どもの教育の記事など、 様々なジャンルの記事を独自の視点で記事にしています。

東洋経済オンラインの読者は、こんな?

  • 40歳、
    首都圏在住、
    大卒

  • 既婚、共働き、
    子どもあり

    一戸建て在住、車あり

  • 従業員1,000人前後の
    製造業の
    係長~部長
    クラス

  • 社内のデジタル化への
    課題感が強く
    DX推進
    の意欲も高い

  • 預貯金含め、
    1,000万円以上の
    金融資産を保有する割合
    34.6%

  • SDGs(持続可能な開発目標)
    への関心がある割合
    64.8%

  • ファッション、化粧品
    家電、自動車

    などを購買予定

  • 読者の
    42.8%
    女性

【調査結果】

調査対象:
東洋経済オンラインを週1回以上読む全国の有識男女を1,000名抽出
調査期間:
2023年2月7日~2月9日
調査機関:
楽天インサイトのWEBアンケート

事業局長あいさつ

日頃より「東洋経済オンライン」をお引き立ていただき誠にありがとうございます。

2003年に誕生した「東洋経済オンライン」は、多くの企業の皆様にご支持いただき、今でもビジネス誌系サイトのトップランナーとして走り続けております。
第一線で活躍するビジネスパーソンにとって、客観的なデータに基づいた中立的な経済・企業情報は、生きるための糧ともいえるものです。質の高いコンテンツをいかに鮮度よく、わかりやすく、効率よく、たくさんの人に届けるか。これまでたゆむことなく試行錯誤を積み重ねてまいりました。
一方で、世の中がかつてない激動の時代を迎えている中、メディアを取り巻く状況も日々変化の只中にあります。私たちも、その地位に安住することなく進化していかなければ、瞬く間に読者は離れていってしまうことでしょう。
これまで20年間に培ったメディア運営のノウハウに加え、データとテクノロジーの力を結集し、国内外のビジネスシーンにおいて大きな影響力を持つWebメディアとして、さらに発展と革新を続けてまいります。

広告主のみなさまの課題解決に向けた一助となるべく、ぜひ積極的にご活用いただけますようお願い申し上げます。

東洋経済オンライン事業局長兼プロダクトマネジャー 堀越千代

編集長あいさつ

日頃より「東洋経済オンライン」をご愛顧いただきありがとうございます。
 
ChatGPTの登場以降、生成AI(人工知能)が急激に進化しており、個人の仕事のあり方だけでなく、多くの業界のビジネスモデルも変わりそうです。また、さまざまな地政学リスクの高まりを受けて、経済・社会情勢の本質を的確に理解していく必要性が増していくのではないでしょうか。

「東洋経済オンライン」では『会社四季報』を執筆する業界担当記者、経済や社会、国際分野など各分野に精通する専門家やジャーナリストなど約400人と連携し、読者の皆様が気になるテーマを深掘りし、タイムリーに発信します。それだけでなく、「まだ知られていないテーマ」の掘り起こしにも徹底してこだわっていきます。当社が蓄積した財務情報やCSR(企業の社会的責任)などの豊富なデータを活用したコンテンツも大きな特徴です。
 
ネット時代は自分が関心のある記事しか読まなくなり、社会の分断が進んでいくともいわれています。
主な読者として想定しているのは働き盛りのビジネスパーソンの方々ですが、「東洋経済オンライン」を訪れたとき、「知りたいこと」だけではなく、「知らなかった情報」にも接することで、何らかの気づきや発見、学びがあれば幸いです。「東洋経済オンライン」が読者の皆様の見識を広げる一助となれば、小社が掲げる「健全な経済社会の発展に貢献する」という理念にもつながると考えています。
 
コンテンツの発信はテキストだけでなく、ビジュアルデータ・動画・音声など、テーマによって最適な形をつねに追求していきます。大きな変化に直面し、意思決定を迫られたときに頼りにされる媒体となるよう、いっそう努力してまいります。

広告主などステークホルダーの皆様のお役に立てるよう、編集部一同、今後とも尽力してまいります。

東洋経済オンライン編集長 井下 健悟

東洋経済オンライン アクセス状況

  ページビュー数 ユニークブラウザ数
2024年1~3月  143,497,342 24,074,188
(日本ABC協会・Web SNS指標)

東洋経済のメディア