2022年2月21日発売(2/26日号)
広告特集/雑誌×WEB クロスメディア企画

2020年末発表された相続税改正大綱で、これまで非課税だった年110万円の生前贈与見直しが示唆され、相続をめぐる環境が激変しようとしています。今や相続対策は、だれもが抱える悩みです。
2020年末発表された相続税改正大綱で、これまで非課税だった年110万円の生前贈与見直しが示唆され、相続をめぐる環境が激変しようとしています。今や相続対策は、だれもが抱える悩みです。

クロスメディア展開

いま考える『相続』仮題

いま考える『相続』

雑誌:2022年2月21日発売(2/26日号)
WEB:2022年3月2日-

企画趣旨

昨年末発表された相続税改正大綱で、これまで非課税だった年110万円の生前贈与見直しが示唆され、相続をめぐる環境が激変しようとしています。今や相続対策は、だれもが抱える悩みです。いざというときに慌てないよう、早目の準備が求められる一方で、いったいどこに相談をすればよいのか、また、どんな選択肢があるのか、多くの人が確かな情報を求めています。

そこで2022年2月21日発売予定(2月26日号)『週刊東洋経済』におきまして、広告特集「いま考える『相続』(仮題)」を企画いたしました。本広告特集では、相続の基本やその対策などを解説する総論ページに続き、企画参画各社様が相続対策として提供されている商品・サービスを記事広告・純広告の形で紹介していきます。

『週刊東洋経済』読者層のボリュームゾーンは企業のトップおよびミドル。世帯年収や世帯貯蓄額が高く、相続を引き継ぐ側として、また、ご子息のために資産を受け渡す側として、相続に関する情報収集にアンテナを張っている世代といえるでしょう。徹底した取材に基づいた記事で、読者からの信頼が厚い『週刊東洋経済』で、貴社が提供されているサービス・商品についての特徴や優位性を訴求することは、貴社ターゲット層に深くリーチするものと考えております。あわせてビジネス誌系サイトNo.1の月間2億PVを誇る「東洋経済オンライン」でも展開することで、より幅広い層への訴求することも可能です。

貴社PR活動の一環として本企画へのご出稿をご検討いただければ幸いです。何卒宜しくお願い申し上げます。

媒体概要
週刊東洋経済

マネジメント層が中心読者
読者全体の約5割を占めるコア層は、経営の中枢を担うマネジメント層であり、企業活動の意思決定に関与する立場にある読者は約6割にものぼります。
120年を超える歴史
『週刊東洋経済』は2015年11月に創刊120周年を迎えました。全上場会社に担当記者を配置するという独自の取材体制を生かした誌面作りに対しては、長年にわたり企業経営のトップ及びミドル層から高い支持をいただいております。

掲載概要

スケジュール・掲載料金(税別)