2021年10月25日発売(10/30日号)
広告特集/雑誌×WEB クロスメディア企画

コロナ禍をきっかけに、オフィスのあり方を見直す動きが加速しています。テレワークの浸透に伴い、リアルオフィス不要論がささやかれた一方、コミュニケーションの減少、それに伴うエンゲージメントやモチベーションの低下、イノベーションが生まれにくくなったのではといった新たな課題も生まれ、リアルオフィスのメリットを改めて認識したという声も多く聞こえてきます。
コロナ禍をきっかけに、オフィスのあり方を見直す動きが加速しています。テレワークの浸透に伴い、リアルオフィス不要論がささやかれた一方、コミュニケーションの減少、それに伴うエンゲージメントやモチベーションの低下、イノベーションが生まれにくくなったのではといった新たな課題も生まれ、リアルオフィスのメリットを改めて認識したという声も多く聞こえてきます。

クロスメディア展開

オフィス改革 最前線仮題

オフィス改革 最前線

雑誌:2021年10月25日発売(10/30日号)
WEB:2021年11月4日~

企画趣旨

コロナ禍をきっかけに、オフィスのあり方を見直す動きが加速しています。テレワークの浸透に伴い、リアルオフィス不要論がささやかれた一方、コミュニケーションの減少、それに伴うエンゲージメントやモチベーションの低下、イノベーションが生まれにくくなったのではといった新たな課題も生まれ、リアルオフィスのメリットを改めて認識したという声も多く聞こえてきます。オフィスの持つ意味が大きく変わる今、経営戦略の観点からオフィス環境の変革を考える企業は増えています。経営者・管理職にとってそのパートナー企業選定は喫緊の課題といえるでしょう。
  
そこで、『週刊東洋経済』2021年10月25日発売号におきまして、「オフィス改革 最前線」(仮)と題した広告特集を企画いたしました。オフィス移転の効果を最大化するオフィス選びのポイントや最新のトレンドなどを有識者に解説して頂き、それに続いて広告出稿各社様の商品・サービス・ソリューションを記事広告または純広告でご紹介します。また、『週刊東洋経済』誌面の特集内容を『東洋経済オンライン』に掲載することで、貴社の特色をより幅広いビジネスパーソンに訴求することも可能です。

貴社PR戦略の一環として本企画へのご参画をご検討いただければ幸いです。

媒体概要
週刊東洋経済

マネジメント層が中心読者
読者全体の約5割を占めるコア層は、経営の中枢を担うマネジメント層であり、企業活動の意思決定に関与する立場にある読者は約6割にものぼります。
120年を超える歴史
『週刊東洋経済』は2015年11月に創刊120周年を迎えました。全上場会社に担当記者を配置するという独自の取材体制を生かした誌面作りに対しては、長年にわたり企業経営のトップ及びミドル層から高い支持をいただいております。

掲載概要

スケジュール・掲載料金(税別)