2021年7月26日発売(7/31日号)
広告特集/雑誌×WEB クロスメディア企画

この1年で「働き方改革」は大幅に進みました。元々は政府を主導に、柔軟な働き方を選択できるようにすることで、企業の生産性を向上させて長時間労働をなくし、労働力不足に備える目的で推進されてきました。
この1年で「働き方改革」は大幅に進みました。元々は政府を主導に、柔軟な働き方を選択できるようにすることで、企業の生産性を向上させて長時間労働をなくし、労働力不足に備える目的で推進されてきました。

クロスメディア展開

働き方改革支援サービス仮題

働き方改革支援サービス

雑誌:2021年7月26日発売(7/31日号)
WEB:2021年8月4日-2021年9月1日

企画趣旨

この1年で「働き方改革」は大幅に進みました。元々は政府を主導に、柔軟な働き方を選択できるようにすることで、企業の生産性を向上させて長時間労働をなくし、労働力不足に備える目的で推進されてきました。突如として、在宅勤務が必要とされる環境の中で、真の生産性向上の実現に向け、具体的な施策に成功し成果をあげられている企業はどれくらいいるのでしょうか。現在では、成果が出ている企業と出ていない企業の差が出始めており、ハード、ソフト面の双方において、組織全体のあり方、役割も変わろうとしています。組織及び、人材マネジメントにおける新たな障壁も課題として発生しています。

そこで『週刊東洋経済』2021年7月26日発売(7月31日号)において、広告特集「働き方改革支援サービス広告特集」を企画いたしました。 働き方改革を経営戦略として推進していくことの重要性や、近年のトレンド等を有識者のインタビューによって解説し、続く広告ページにて参画広告主様の商品・サービス・ソリューションをご紹介いたします。

『週刊東洋経済』読者層のボリュームゾーンは企業の経営者・マネジメント層が中心。また、ビジネス誌系サイトNo.1のアクセス数を誇る『東洋経済オンライン』でクロスメディア展開をすることで、幅広いステークホルダーに訴求することも可能です。こうした媒体特性を考慮すれば、コストパフォーマンスに優れた広告効果を発揮できるものと確信しております。貴社PR戦略の一環として『週刊東洋経済』のご活用をご検討いただければ幸いです。何卒よろしくお願いいたします。

媒体概要
週刊東洋経済

マネジメント層が中心読者
読者全体の約5割を占めるコア層は、経営の中枢を担うマネジメント層であり、企業活動の意思決定に関与する立場にある読者は約6割にものぼります。
120年を超える歴史
『週刊東洋経済』は2015年11月に創刊120周年を迎えました。全上場会社に担当記者を配置するという独自の取材体制を生かした誌面作りに対しては、長年にわたり企業経営のトップ及びミドル層から高い支持をいただいております。

掲載概要

スケジュール・掲載料金(税別)