第一三共ヘルスケア株式会社様「編集記事風広告」

2018年05月08日

第一三共ヘルスケア株式会社様「編集記事風広告」
広告主:第一三共ヘルスケア株式会社 様

連載型の記事広告で関心を高め詳細ページへ

東洋経済オンラインの編集記事体裁記事広告では、記事風に製品やサービスを紹介したうえで、広告主様のページに誘導する手法が一般的です。
今回ご紹介する第一三共ヘルスケア様の記事広告も、記事広告を読んで製品などに関心をお持ちいただいたうえで、「ロキソニンS」「ルルアタックシリーズ」「ガスター10」などの第一三共ヘルスケア様の製品のページや第一三共ヘルスケア様が運営する男性向けWebマガジン『おれカラ』に誘導するように設計。ただし、単なる製品紹介だけでなく、読んだいただくためにさまざまな工夫を凝らしています。

製品の紹介だけではない一工夫を

製品紹介のみだと内容が堅くなりがちですが、本記事広告の場合は「ですます調」で読者に語りかけるような読み口にすることで、内容を自分ごと化してもらい、飽きずに最後まで読み進められるようにしています。
内容についても、男性ビジネスパーソンの「あるある」エピソードを紹介したり、男性ビジネスパーソンの悲哀を五・七・五の川柳で詠んだりとユーモアのある切り口のコンテンツとなっており、多くのファンを獲得しています。
また単発の記事ではなく、月1回更新で季節や需要期にあわせた製品を紹介し読者の関心を喚起することを図りました。

男性ビジネスパーソンに幅広くリーチ

本記事広告が対象とするBtoC商材の男性ビジネスパーソン向けの訴求は、ビジネス系メディアNo.1の東洋経済オンラインが得意とする領域です。
マネジメント層から第一線の現場で活躍されている方まで、幅広い層ビジネスパーソンに支持されています。本記事広告では、ターゲットとする30代を中心とした若手男性ビジネスパーソンを中心にリーチすることに成功しました。
第一三共ヘルスケア様の記事広告はこちらからご覧ください

お問い合わせ

お問い合わせはこちら

東洋経済オンラインの編集記事体裁記事広告は、広告主様のさまざまな課題に対し、
コンテンツ力で柔軟なソリューションをご提案します。