1. 東洋経済プロモーション
  2. ブログ
  3. 2022年10月度東洋経済TOPICS

ブログ

2022年10月度東洋経済TOPICS

2022年10月度東洋経済TOPICS2022年10月度東洋経済TOPICS
  • 東洋経済TOPICS

東洋経済 独自調査

東洋経済ブランドスタジオは、全国の30代から60代の男女に対し、社会人の学習に関する意識についてインターネット調査を実施しました。

今回の調査で得られた読者の傾向のファインディングは以下のとおりです。
・約60%が仕事のために勉強や知識習得、資格の取得などをしている
・「語学学習」を含む業務に直接関連する内容を学習
・有償の動画サービスなど、学習のためのサービスを積極的に活用
・自発的なきっかけで学習を始めている

「仕事のために勉強や知識習得、資格の取得などをしている」と回答した人に、どのような学習をしているか聞いたところ、読者は「語学学習」(42.9%)と回答した人が最も多い結果となりました。そのほか、「経営・マネジメントスキル」(36.8%)。「ITスキル」(35.2%)など、業務に直接関連するスキルの学習も多くなっています。

詳細は記事にてご覧ください。

注目の週刊東洋経済


9月12日に発売された週刊東洋経済の特集号『すごいベンチャー100 2022年最新版』の関連記事が公開され、話題となりました。
「カネ集めに大異変「ベンチャー選別時代」の勝ち筋」では、アメリカを震源とする株式市場の低迷が、世界のベンチャー企業に影を落とし始めている現状について解説。
2022年1~6月の国内ベンチャーの資金調達額は4160億円と、上半期として過去最高となった一方、ベンチャーキャピタル(VC)などの投資家は、利益を出すことを起業家たちに要求しているといった現状を取材しています。

注目の書籍


古今東西の「賢者の言葉」を集めた心癒やすエッセイ、『愛しなさい、一度も傷ついたことがないかのように』が9月23日に発売されました。
今年3月にBTSのコンサートで紹介され話題になった書籍で、韓国では100万部を突破しています。
どう生きるべきかわからなくなったとき、不安なとき、眠れない夜を過ごしているときに、
心を癒やしてくれる「人生の知恵」をあつめた1冊です。

東洋経済オンライン注目記事

直近の注目記事をご紹介します。
教育デザインラボ代表理事で教育評論家の、石田勝紀氏による連載「ぐんぐん伸びる子は何が違うのか? 子どもに身につけさせたい最強マインド」の記事が話題となっていました。

子どもの自己肯定感を下げる大人の「5つの言葉」
子どもにガミガミ言う親に訪れる数年後の苦難

東洋経済オンラインの読者の42.7%は子どもがいる世帯であり、教育や子育てに関心が高いことがうかがえます。

他の情報を見る