セミナー開催の流れ

※下記は企画・集客・運営・開催レポートをご発注いただいた場合の一例です

1

無料相談・ヒアリング

無料相談・ヒアリング

開催の目的やご要望、ご不安な点などを丁寧にお伺いします
まずはご要望のヒアリングをさせていただきます。具体的なイメージがなくてもまったく問題ございません。ターゲット・テーマ・プログラム・規模・ご予算など、セミナーを構成する要素は様々ですが、本来の目的やゴールを伺いながら、弊社がクライアント様と一緒にベストな形を考えてまいります。まずはお気軽にご相談ください。

2

プログラム・企画のご提案

プログラム・企画のご提案

企画力に自信あり。全体設計から講演者交渉までおまかせください
テーマによりますが、開催約3ヶ月前には企画業務を開始いたします。ターゲット層の方が今関心を持っているテーマや講演者など、ビジネスの最前線を取材し続けている東洋経済ならではの企画をご提案。単なる講演者紹介ではなく全体設計も同時に行い、引きのあるプログラムやタイトル、キャッチコピーなどを考えてまいります。

3

集客

集客

東洋経済の各種媒体を活用したオリジナルの集客プラン
開催約1ヶ月半前には告知用WEBサイトを公開。東洋経済保有のデータに基づいてセグメントしたDMの発送や、『週刊東洋経済』の告知広告、各種メールマガジン、「東洋経済オンライン」の広告枠など、ターゲットに合わせて最適なプランを組み、目標人数に向けた告知施策を実行します。告知原稿・パンフレットの制作や参加者事務局の運営も弊社で承ります。

4

運営業務

運営業務

一括おまかせもOK、弊社スタッフによる安心の運営サポート
集客スタート後は、当日に向けて運営関連の準備を進めます。スケジュール管理、運営フローや各種制作物、参加者対応、講演者・会場との調整など、当日までの運営業務を一任いただくことも可能です。弊社ではセミナーの成功に向けて案件ごとにチームを組み、クライアント様にご安心いただける進め方で運営業務を行っています。

5

セミナー開催

セミナー開催

参加者満足度にも重きを置き、「質」を追求
クライアント様の目標達成のためには、実際に会場に足を運んでくださった参加者の満足度も欠かせません。東洋経済では、目先の数字だけではない、セミナーの「質」にもこだわっています。参加者の方にメッセージが伝わっているか、一方的な情報提供になっていないか、皆様の期待を越えるようなセミナーを提供できているか。細かいポイントにも気を配りながら、当日まで一貫して弊社スタッフが企画運営を手掛けます。東洋経済のセミナー運営は、クライアント様はもちろん、参加者の方からも高い評価をいただいています。

6

開催レポート掲載

開催レポート掲載

セミナー開催で終わらない、メディアを活用したアフターフォロー
開催約1ヶ月半後に、『週刊東洋経済』と「東洋経済オンライン」にセミナーレポートを掲載。さらに広いターゲットへのメッセージ訴求、参加者へのフォローアップ、既存のお客様へのご案内など、様々な用途にご活用いただけます。ご要望に応じて、WEBプロモーション施策や追加リード獲得企画、カスタム出版など、クロスメディア展開も可能です。