1. 東洋経済プロモーション
  2. 期間限定企画
  3. 社員研修ツール広告特集(仮題)

期間限定企画

社員研修ツール広告特集(仮題)

社員研修ツール広告特集(仮題)社員研修ツール広告特集(仮題)

雑誌:2024年11月11日発売(11月16日号)
WEB:2024年11月20日

  • 働き方・DX
  • 経営
  • 英語・学び

企画趣旨

 2023年3月期の決算から、一部上場企業を対象に人的資本情報の有価証券報告書への記載義務化がスタートするなど、人的資本の強化はさまざまな企業において喫緊の課題として捉えられています。また、コロナ禍以後、研修はオンラインとオフラインの併用が一般化し、社員研修ツールは欠かせない存在となりました。実際に、企業向け研修サービスの市場規模は年々拡大しています。その一方で、退職代行サービスを利用し早期離職をする比較的若い世代なども生まれてきており、企業にとって従業員エンゲージメントを高め、離職を防ぐことは非常に重要です。
 そこで『週刊東洋経済』 2024年11月11日発売号並びに「東洋経済オンライン」におきまして、広告特集「社員研修ツール広告特集(仮題)」を企画いたしました。本広告特集では、人材育成や研修ツールの活用の重要性や課題を解説する総論ページに続き、人材育成の推進を支援する研修・学習ツールといったサービスの紹介について、記事広告・純広告の形で紹介します。また、「東洋経済オンライン」は、ビジネス誌系サイトでトップクラスのアクセス数を誇り、幅広いステークホルダーに訴求することが可能です。

媒体概要:週刊東洋経済

マネジメント層が中心読者
 読者全体の約3分の1を占めるコア層は、経営の中枢を担うマネジメント層であり、企業活動の意思決定に関与する立場にある読者は約5割にものぼります。

120年を超える歴史
 『週刊東洋経済』は2015年11月に創刊120周年を迎えました。全上場会社に担当記者を配置するという独自の取材体制を生かした誌面作りに対しては、長年にわたり企業経営のトップ及びミドル層から高い支持をいただいております。

媒体概要:東洋経済オンライン

幅広い読者の関心を集める注目のWEBメディア
 2003年6月にスタートした「東洋経済オンライン」は、2012年11月に大幅リニューアル。それ以来PV, UBともに急上昇を示し、ビジネス誌系サイトのトップランナーの地位を不動のものにしています。東洋経済の強みを活かしたビジネス、政治・経済、マーケットに関する記事が充実しているのはもちろんのこと、キャリア・教育、ライフスタイルに関する記事も多数掲載。若い世代から経営者層まで幅広い層に支持されています。

掲載概要・料金・プラン