1. 東洋経済プロモーション
  2. 期間限定企画
  3. 2024年問題解決への切り札
    「建設テック」への期待(仮題)

期間限定企画

2024年問題解決への切り札
「建設テック」への期待(仮題)

2024年問題解決への切り札<br>「建設テック」への期待(仮題)2024年問題解決への切り札<br>「建設テック」への期待(仮題)

雑誌:2024年7月16日発売(7月20日号)
WEB:2024年7月24日

  • 働き方・DX
  • 経営
  • BtoB
  • テクノロジー

企画趣旨

 建設業界においては、職人の高齢化や若手の不足による現場対応へのリスクが深刻化しています。また2024年4月1日の「働き方改革関連法」の適用では労働環境問題の改善が喫緊の課題となっています。そのような対応への切り札として導入が進んでいるのがデジタル技術を活用した建設テックです。テクノロジーによって生産性の向上や業務効率化を図ることで現場負担を軽減できる取り組みは、建設業界のみならず同じ課題を抱えた多くの業界で、その効果が注目を集めています。

 そこで2024年7月16日発売予定(7月20日号)『週刊東洋経済』におきまして、広告特集「2024年問題解決への切り札『建設テック』への期待(仮題)」を企画いたしました。本広告特集では、建設テックの概要や普及状況などを解説する総論ページに続き、企画参画各社様が展開する建設テックを活用したサービス・ソリューションなどについて、記事広告・純広告の形で紹介していきます。

媒体概要:週刊東洋経済

マネジメント層が中心読者
 読者全体の約4割を占めるコア層は、経営の中枢を担うマネジメント層であり、企業活動の意思決定に関与する立場にある読者は約5割にものぼります。

120年を超える歴史
 『週刊東洋経済』は2015年11月に創刊120周年を迎えました。全上場会社に担当記者を配置するという独自の取材体制を生かした誌面作りに対しては、長年にわたり企業経営のトップ及びミドル層から高い支持をいただいております。

媒体概要:東洋経済オンライン

幅広い読者の関心を集める注目のWEBメディア
 2003年6月にスタートした「東洋経済オンライン」は、2012年11月に大幅リニューアル。それ以来PV, UBともに急上昇を示し、ビジネス誌系サイトのトップランナーの地位を不動のものにしています。東洋経済の強みを活かしたビジネス、政治・経済、マーケットに関する記事が充実しているのはもちろんのこと、キャリア・教育、ライフスタイルに関する記事も多数掲載。若い世代から経営者層まで幅広い層に支持されています。

掲載概要・料金・プラン