1. 東洋経済プロモーション
  2. 期間限定企画
  3. クラウドネイティブ時代のサイバーセキュリティ対策 データ漏洩リスクへのディフェンス戦略

期間限定企画

データ漏洩リスクへのディフェンス戦略

データ漏洩リスクへのディフェンス戦略データ漏洩リスクへのディフェンス戦略

雑誌:2022年9月26日発売号(10月1日号)
広告特集/雑誌×WEB クロスメディア企画 2022年10月1日号

  • BtoB

企画趣旨


 日本でもマルウェアの感染事例が報告され、経済産業省をはじめとした各省庁がサイバーセキュリティに関する注意喚起を行うなど、企業はさまざまなサイバー攻撃のリスクにさらされています。リモートワークの定着や業務のマルチクラウド化により、多くの企業でセキュリティ管理は複雑さを増しており、従来のセキュリティモデルよりも厳格な対策を施すことが企業にとって欠かせません。

 しかし、企業のセキュリティへの投資意欲は高いものの、クラウドネイティブ時代に適切なセキュリティ対策が追いつかない企業も少なくありません。例えば、一部の企業では私用デバイスを業務に利用するBYODが進められ、業務効率の向上に寄与する一方で、新たなセキュリティ上のリスクが生じております。また、正式に許可されていないデバイスやクラウドサービスを利用する通称「シャドーIT」「野良クラウド」も情報システム部門の頭を悩ませており、従業員のセキュリティ意識の向上は喫緊の課題となっております。

 そこで、『週刊東洋経済』ならびに「東洋経済オンライン」で、「クラウドネイティブ時代のサイバーセキュリティ対策データ漏洩リスクへのディフェンス戦略」(仮題)と題したクロスメディア広告特集を企画いたしました。本企画は、8月下旬に開催予定の東洋経済主催ウェビナーとの連動企画となります。

 総論ページでは、イベントの基調講演の内容をレポートとして発信し、クラウドネイティブ時代に注意すべきセキュリティリスクとその対策を解説いたします。総論ページに続き、記事広告・純広告で、広告主様の商品・サービスをご紹介いたします。情報システム部門に加えて、経営層や専門知識を持たない幅広い読者に対して、安全な勤務環境を構築するために必要なセキュリティ対策への移行、実装の必要性を訴えます。

媒体概要:週刊東洋経済

マネジメント層が中心読者
読者全体の約5割を占めるコア層は、経営の中枢を担うマネジメント層であり、企業活動の意思決定に関与する立場にある読者は約6割にものぼります。

120年を超える歴史
『週刊東洋経済』は2015年11月に創刊120周年を迎えました。全上場会社に担当記者を配置するという独自の取材体制を生かした誌面作りに対しては、長年にわたり企業経営のトップ及びミドル層から高い支持をいただいております

掲載概要・料金・プラン