1. 東洋経済プロモーション
  2. 期間限定企画
  3. フロントオフィスDX化への鍵 ーフロントオフィス 支援ツールの最前線ー

期間限定企画

フロントオフィスDX化への鍵 ーフロントオフィス 支援ツールの最前線ー

フロントオフィスDX化への鍵 ーフロントオフィス 支援ツールの最前線ーフロントオフィスDX化への鍵 ーフロントオフィス 支援ツールの最前線ー

雑誌:2022年9月26日発売(10/1日号) 広告特集/雑誌×WEB クロスメディア企画

  • 働き方・DX

企画趣旨

 今さまざまな業界でDXへの取り組みが経営課題になっており、それはバックオフィスのみならず、営業やマーケティングといったフロントオフィスの領域に関しても同様です。COVID-19によりリモートワークが普及し、対面営業に囚われない営業手法が急激に普及したこと、ウェビナーに代表されるように自社製品をマーケティングする手法も多様化していることが、その象徴です。顧客が営業やマーケティングに対して抱く意識やニーズも大きく変わりつつある中、いかにして摩擦のない、満足度の高い顧客体験を提供できるかがビジネスの肝になっています。その際に、フロントオフィス支援ツールが役立つのではないでしょうか?

 そこで『週刊東洋経済』2022年10月1日号(9月26日発売)におきまして、広告特集「フロントオフィスDXへの鍵ーフロントオフィス支援ツールの最前線ー(仮)」を企画いたしました。フロントオフィスのDX化において成功するカギとは何なのか。そのポイントを解説する総論に続き、広告ページではフロントオフィスのDXを成功に導くパートナーとなる企業様の製品、サービスを紹介させていただきます。

 企業内での意思決定に大きな影響力を持つマネジメント層がメイン読者の『週刊東洋経済』、ビジネスの最前線で活躍する30-40代がメイン読者で、ビジネス誌系サイトNo1のPVを誇る『東洋経済オンライン』によるクロスメディア展開で高い訴求効果が期待できます。
 貴社PR戦略の一環として本企画へのご参画をご検討いただければ幸いです。何卒よろしくお願いいたします。

媒体概要
週刊東洋経済

マネジメント層が中心読者
読者全体の約5割を占めるコア層は、経営の中枢を担うマネジメント層であり、企業活動の意思決定に関与する立場にある読者は約6割にものぼります。

120年を超える歴史
『週刊東洋経済』は2015年11月に創刊120周年を迎えました。全上場会社に担当記者を配置するという独自の取材体制を生かした誌面作りに対しては、長年にわたり企業経営のトップ及びミドル層から高い支持をいただいております。

掲載概要