アイデアに行き詰まったそんなとき、どうする?

アイデアに行き詰まったそんなとき、どうする?

コラム編集部

 初めまして。ブランドスタジオ・メディア事業部にて、広告制作ディレクターをしております、高橋真由です。得意分野は、B to C向けのファッション案件など。しかしジャンルは問わず仕事をしています。よろしくお願いいたします。

 さて、今回は「広告制作ディレクターがアイデアに行き詰まった時どうする?」について書かせていただきます。構成を考える、見出しを考える、新規提案の企画を考える、まさに「考える」ことが仕事の私にとって、アイデアに行き詰まるというのは、緊急事態です。アイデアが行き詰まったとき、私がどうしているかということを、5つのキーワードに沿って、書かせていただきます。

 

脳内ハワイより近くの箱根

 出張に行ったり、旅に出たり、物理的に距離を移動するとアイデアが浮かぶ。こんな経験はありませんか?私はあります。人は動くことで新しい情報を得て、新しい着想を持ち、アイデアが浮かびやすくなると私は思うのです。私は隙あらば旅に出たいといつも思っているのですが、そうはいかないときが多いです。そんなときは脳内で旅先を思い浮かべるより、実際に近くの箱根に行ってしまったほうが、良いアイデアが浮かぶということはよくあります。ランチで少し遠いお店に行くのもよいですね!

 

アイデアは突然に

 それは、ある日、ある時突然に。待っていると来ない連絡のように、アイデアも待たないほうがふっと湧くことはよくあることで、意識しすぎないで、降りてくるのを待つことは大切かなと思います。

 

書店へGO!

 私は電子書籍も大好きですが、アイデアを生むために書店に行くというのはとても有効です。書籍も雑誌も各出版社が内容を考え抜いて作っているものなので、タイトルを眺めるだけでも、上質な情報をザッピングすることが可能です。そこはアイデアの宝庫。そんな書店が日本中にあるなんて! 私は書店が大好きです。資料として書籍を購入して帰れば一石二鳥です。

 

他社の友人と情報交換

 同業種、異業種問わず、友人との情報交換は欠かせません。ここでのポイントは業種問わず、気の合う友人との情報交換をすること。楽しいご飯があればなおよいです。意外と遠く思えた業界の友人が、ぽろりと言った一言にヒントをもらうことは、よくあるものです。

 

時には完全に情報を遮断して

 情報も入りすぎると、栄養過多で、整理する時間が取れなくなります。脳に休息を与えるためにも、時には情報を完全に遮断してみる。物理的にネットにつなげない犬の散歩に行ってみる。車を運転しながら大声で歌うのもよいかもしれません。そうするとアイデアが湧く可能性、85%です!(自分調べ)

 ざっくりとした説明になってしまいました。次回はファッション撮影のポイントなどをお伝えできればと思います。お読みいただき、ありがとうございました。

広告についてお問い合わせ

この記事をシェアする

記事カテゴリ

執筆者