遊びも仕事も教育も熱心!東洋経済オンラインの女性ビジネスパーソン読者はどんな人なのか?

遊びも仕事も教育も熱心!東洋経済オンラインの女性ビジネスパーソン読者はどんな人なのか?

尾登 雄平

 東洋経済新報社でプランナーとして仕事をしている尾登(おとう)です。東洋経済オンラインのユーザープロフィールには、「東洋経済オンラインの読者の40.5%は女性」と記載があります。これは毎年の調査で明らかになっていて、年々女性読者の数は増加しています。東洋経済オンラインの ユニークブラウザ数(UB数)は約2200万(※2018年8月)なので、単純計算で約900万UBが女性ということになります。では、この約900万UBの女性読者はいったいどういう人なのか。今回もリサーチデータを分析し、特徴を見てみたいと思います。

調査対象:東洋経済オンラインを読む全国の有職男女を1000名抽出
調査期間:2018年3月20日~3月22日
調査機関:楽天インサイトのWEBアンケート

 

基本プロフィールは?

 年齢は35歳~44歳がボリュームゾーンとなっており、25歳~34歳を含めると全体の61.7%。仕事に子育てに忙しい世代が大半を占めています。


 未既婚の割合は、未婚と既婚がほぼ同率となっています。


 職業は74.1%が会社員。次いで公務員7.9%、専門家(医師・弁護士・会計士)4.2%、自営業5.2%となっています。


 

子育ては?

 子どもがいない方が62.7%を占めます。未婚の方の45.4%に加えて、既婚の方も10~15%程度は子どもがいないのかもしれません。1人以上の子がいる方は、37.2%になります。


 子どもに習わせている習い事は、通信教育27.2%、英会話25.2%、学習塾23.8%と、進学や就職などに役に立つものが多いですね。とても教育熱心です。スポーツで最も多いのがスイミングで21.9%。今話題のプログラミングは3.3%で、普及はまだこれからのように見えます。

旅行の頻度は?予算は?

国内・海外旅行の旅行頻度や予算といったデータも取得しています。国内旅行は2~3カ月に1回程度が26.2%、半年に1回程度が24.7%となっています。海外旅行も1年に1回程度が19.8%、半年に1回が10.1%あり、旅行好きな方が多いようです。

 
平均予算は、国内旅行が2万円~3万円と3万円~5万円が25.3%。1泊2日程度の旅行を楽しんでいるのかもしれません。海外旅行は15万円~20万円が20.6%で最も多い結果になりました。この予算であれば韓国や台湾などだったら充分満喫できますし、安く組めばハワイでも行けてしまえる値段ですよね。


 

都内在住のアクティブな30代後半女性

 最後に、東洋経済オンラインの読者の女性ビジネスパーソンのペルソナイメージをまとめました。37歳で都内のメーカーに勤務し、既婚で1人の子を持つ。教育熱心で、定期的に旅行にでかけるアクティブな女性というイメージです。

いかがでしょうか?東洋経済オンラインのユーザープロフィールの資料には、女性だけではなく男性も含めたデータが数多く掲載されています。どうぞご覧下さい。

広告についてお問い合わせ

この記事をシェアする

記事カテゴリ

執筆者