2019年8月19日(月)発売/8月24日号
広告特集/雑誌×Webクロスメディア企画

出張においては、国内・海外問わず、現地での交渉や商談に万全の体制で臨むためにも、事前事後の処理の煩雑さを軽減したり、そもそもの出張にかかる費用や時間を削減することが重要となります。様々なサービスが登場する中、どの判断軸でサービスを選択してよいのか迷われる方も多いのではないでしょうか。
出張においては、国内・海外問わず、現地での交渉や商談に万全の体制で臨むためにも、事前事後の処理の煩雑さを軽減したり、そもそもの出張にかかる費用や時間を削減することが重要となります。様々なサービスが登場する中、どの判断軸でサービスを選択してよいのか迷われる方も多いのではないでしょうか。

クロスメディア展開

ビジネストラベル特集仮題

ビジネストラベル特集

『週刊東洋経済』(雑誌)発売日:2019年8月19日(月)
「東洋経済オンライン」(Web)掲載期間:2019年8月28日(水)11:00~9月25日(水)11:00

企画趣旨

 ビジネスの環境変化に伴い、国内・海外問わず出張の機会は増加の一途を辿っております。ビジネストラベルマネジメントにおいては、現地での交渉や商談に万全の体制で臨めるかという観点が最も重要となりますが、事前事後の処理の煩雑さを軽減したり、そもそもの出張にかかる費用や時間を削減することもビジネストラベルの成否を分ける大きな要因となります。昨今はビジネストラベルにかかわる様々なサービスが登場していますが、サービス内容が多岐に渡るため、どの判断軸でサービスを選択してよいのか迷われる方も多いのではないでしょうか。
 そこで、『週刊東洋経済』2019年8月19日発売号におきまして、広告特集「優良サービスを厳選ビジネストラベル特集」(仮題)を企画いたしました。本企画では国内外のビジネストラベルにおける快適なサービスについてのトレンドを総論ページで解説し、続く広告ページでは参画企業様の商品・サービス、ソリューションをご紹介して参ります。

 『週刊東洋経済』読者層のボリュームゾーンは企業および官公庁のトップおよびミドル。組織内の意思決定に大きな影響力と権限を行使しうるマネジメント層がメイン読者です。また、ビジネスの最前線で活躍する30-40代の読者が多く、ビジネス誌系サイトNo.1のPVを誇る『東洋経済オンライン』によるクロスメディア展開で、ビジネスパーソンに広くリーチし、訴求効果が期待できます。こうした媒体特性を考慮すれば、コストパフォーマンスに優れた広告効果を発揮できるものと確信しております。

媒体概要
週刊東洋経済

マネジメント層が中心読者
読者全体の約5割を占めるコア層は、経営の中枢を担うマネジメント層であり、企業活動の意思決定に関与する立場にある読者は約6割にものぼります。
120年を超える歴史
『週刊東洋経済』は2015年11月に創刊120周年を迎えました。全上場会社に担当記者を配置するという独自の取材体制を生かした誌面作りに対しては、長年にわたり企業経営のトップ及びミドル層から高い支持をいただいております。

掲載概要

スケジュール・掲載料金(税別)