2019年8月19日(月)発売/8月24日号
広告特集/雑誌×Webクロスメディア企画

一般の観光旅行に比べて消費額が大きいことから、近年国際会議の開催件数は世界的に増加傾向にあります。世界中から参加者が集い、多くの集客交流が見込めるビジネスイベントの1つとして、MICEは近年注目を集めています。
一般の観光旅行に比べて消費額が大きいことから、近年国際会議の開催件数は世界的に増加傾向にあります。世界中から参加者が集い、多くの集客交流が見込めるビジネスイベントの1つとして、MICEは近年注目を集めています。

WEBサイト転載

日本のMICE戦略仮題

日本のMICE戦略

『週刊東洋経済』(雑誌)発売日:2019年8月19日(月)
「東洋経済オンライン」(Web)掲載期間:2019年8月28日(水)11:00~9月25日(水)11:00

企画趣旨

 MICEとは、Meeting、Incentive Travel、Convention、Exhibiton/Event の頭文字を使った造語で、これらのイベントの総称です。世界中から参加者が集い、多くの集客交流が見込めるビジネスイベントの1つとして近年注目されています。また一般の観光旅行に比べて消費額が大きいことから、近年こうした国際会議の開催件数は世界的に増加傾向にあります。この動きは日本においても例外ではなく、2017年の国際会議件数は414件と世界7位となりました。さらにアジア大洋州においては開催件数に占める日本のシェアは27.8%と6年連続の首位を保っており、各業界からの注目度が年々上昇していることがうかがえます。

 そこで、『週刊東洋経済』2019年8月19日発売号ならびに「東洋経済オンライン」におきまして、「日本のMICE戦略」(仮題)と題したクロスメディア広告特集を企画いたしました。本特集では、昨今の日本におけるMICEの現状や、企業のMICEに関する取り組みや実状などを有識者にお話いただく総論ページを作り、MICEに注力されている参画広告主様を、記事広告や純広告でご紹介させていただきます。

 『週刊東洋経済』読者層のボリュームゾーンは企業のマネジメント層が中心。組織内の意思決定に大きな影響力と権限を行使する層とも重なり合います。また、オプションでご提案する『東洋経済オンライン』は、ビジネス系サイトNo.1のアクセス数を誇り、幅広いステークホルダーに訴求することが可能です。こうした媒体特性を考慮すれば、コストパフォーマンスに優れた広告効果を発揮できるものと確信しております。PR戦略の一環として、本企画へのご参画をご検討頂ければ幸いです。

媒体概要
週刊東洋経済

マネジメント層が中心読者
読者全体の約5割を占めるコア層は、経営の中枢を担うマネジメント層であり、企業活動の意思決定に関与する立場にある読者は約6割にものぼります。
120年を超える歴史
『週刊東洋経済』は2015年11月に創刊120周年を迎えました。全上場会社に担当記者を配置するという独自の取材体制を生かした誌面作りに対しては、長年にわたり企業経営のトップ及びミドル層から高い支持をいただいております。

掲載概要

スケジュール・掲載料金(税別)