2018年12月17日(月)発売/12月22日号
広告特集/雑誌×Webクロスメディア企画

人生を100年生きることが当たり前の世の中になりつつある昨今、ゆとりある将来のための中長期的な資産形成として注目されているのが土地活用・賃貸経営です。
人生を100年生きることが当たり前の世の中になりつつある昨今、ゆとりある将来のための中長期的な資産形成として注目されているのが土地活用・賃貸経営です。

オプション WEBサイト転載

長期的な視点で資産形成を
土地活用・賃貸経営特集仮題

長期的な視点で資産形成を<br>土地活用・賃貸経営特集

『週刊東洋経済』(雑誌)発売日:2018年12月17日(月)
『東洋経済オンライン』(Web)掲載期間:2018年12月26日(水)11時~1月23日(水)11時4週間

企画趣旨

多くの人にとって、人生を100年生きることが当たり前の世の中になりつつある昨今。資産作りは誰しもが気になる大きなテーマとなっております。そのような中、ゆとりある将来のために中長期的な資産形成として注目されているのが土地活用・賃貸経営です。所有地の有効活用や賃貸物件の健全な経営ができれば毎月安定した収入を長期に渡って得ることができます。ただ、どの手法にも一定のリスクが存在することも事実で信頼の出来るパートナー探しが、安定的な収益を得る上で重要な要素となります。最近では『物件の維持管理方法を知りたい』『入居者募集で苦労したくない』『節税対策についてもっと具体的に知りたい』などオーナーの個々の悩みをサポートする様々なサービスも充実しており、能動的なアクションを取れる環境が整っております。

そこで『週刊東洋経済』12月17日発売号にて、広告特集「長期的な視点で資産形成を土地活用・賃貸経営特集」を企画いたしました。
本広告特集は、多様化する土地活用・賃貸経営の最新動向やパートナー選びのポイント等解説する総論ページと、各広告主様を記事広告あるいは純広告でご紹介するページで構成します。
『週刊東洋経済』読者層のボリュームゾーンは企業のトップおよびミドル。読者の世帯年収や世帯貯蓄額が高く、ご自身はもちろん、親世代からの相続にも関心が高い層とも重なり合います。あわせてビジネス誌系サイトNo.1のPVを誇る「東洋経済オンライン」でも展開することで、幅広い層への訴求が期待できます。

土地活用・賃貸経営の形態が多様化する中で、興味・関心層から選ばれる存在になるためにも、貴社が提供されている商品・サービスの特長や優位性などについて広く情報発信していくことが重要ではないでしょうか。土地活用・賃貸経営に関心の高い読者層に直接メッセージを伝達できる媒体特性を考慮すれば、コストパフォーマンスに優れた広告効果を発揮できるものと確信しております。貴社PR戦略の一環として『週刊東洋経済』ならびに『東洋経済オンライン』のご活用をご検討いただけますようよろしくお願い申し上げます。

媒体概要
週刊東洋経済

マネジメント層が中心読者
読者全体の約5割を占めるコア層は、経営の中枢を担うマネジメント層であり、企業活動の意思決定に関与する立場にある読者は約6割にものぼります。
120年を超える歴史
『週刊東洋経済』は2015年11月に創刊120周年を迎えました。全上場会社に担当記者を配置するという独自の取材体制を生かした誌面作りに対しては、長年にわたり企業経営のトップ及びミドル層から高い支持をいただいております。

掲載概要

スケジュール・掲載料金(税別)