東洋経済オンラインリニューアル10周年特別広告企画

東洋経済新報社は1895年、明治28年に、本格的な経済雑誌である『東洋経済新報』の創刊とともに発足し、おかげさまで2020年11月に創立 125周年を迎えました。ひとえに皆様のご支援、ご愛顧の賜物と、心から感謝申し上げます。
東洋経済新報社は1895年、明治28年に、本格的な経済雑誌である『東洋経済新報』の創刊とともに発足し、おかげさまで2020年11月に創立 125周年を迎えました。ひとえに皆様のご支援、ご愛顧の賜物と、心から感謝申し上げます。

東洋経済オンライン
リニューアル 10周年
特別広告企画仮題

東洋経済オンライン<br>リニューアル 10周年<br>特別広告企画

2022年1月~2023年3月末掲載まで

企画趣旨

東洋経済新報社は1895年、明治28年に、本格的な経済雑誌である『東洋経済新報』の創刊とともに発足し、おかげさまで2020年11月に創立125周年を迎えました。ひとえに皆様のご支援、ご愛顧の賜物と、心から感謝申し上げます。

創業者の町田忠治は、創刊の趣旨として「健全なる経済社会の発展に貢献する」ことを掲げました。それが現在でも弊社の企業理念として生きており、126年にわたり、自由主義、民主主義、平和主義を柱に、時代を先取りした沈着な報道・言論活動を追求してきました。

近年はデジタル事業にも積極的に取り組み、なかでも『東洋経済オンライン』は経済・ビジネス系サイトで№1のアクセスを誇るまでに成長しています。弊社のオンライン事業は2003年にスタートし、試行錯誤を重ねながら2012年11月12日に全面リニューアルを行い、それ以降、急成長をとげることができました。

『東洋経済オンライン』は、『週刊東洋経済』や『会社四季報』で培った取材力、編集力はもちろんのこと、弊社出版部門の書籍、あるいはデータ部門の企業データ、ランキングなど、まさに弊社のリソースを最大限に生かすことで、多様なコンテンツを提供しております。また、複雑な経済問題の解説から、社会人としての生き方まで、幅広いテーマを扱い、多くのビジネスパーソンに寄り添うことで、10年近くにわたり、支持をいただいてまいりました。

さて、インターネット広告は、マスコミ4媒体を凌駕する大きな市場となり、その勢いは止まりません。しかしながら、インターネット広告はその発展の裏で、アドフラウドや、ブランドセーフティなど、多くの課題も抱えています。

メディアとしてのインターネットは、もはや生活者や企業活動にとって欠かせない情報源であり、信頼性や透明性の向上は、今後ますます重要な問題になっていくと思います。

東洋経済新報社では、今後も公正で良質な情報発信を通じて、健全なる経済社会の発展に貢献するような視点や情報を提供していくように努めてまいります。

こうした東洋経済新報社が持つ強みを貴社のコーポレートブランディングやPR戦略にもご活用いただけるよう、ビジネスプロモーション局では東洋経済オンライン リニューアル10周年を記念した特別広告メニューをご用意いたしました。

この機会に、ぜひ広告のご出稿を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 

媒体概要
東洋経済オンライン

幅広い読者の関心を集める注目のWEBメディア
2003年6月にスタートした「東洋経済オンライン」は、2012年11月に大幅リニューアル。それ以来PV, UBともに急上昇を示し、ビジネス誌系サイトNo.1の地位を不動のものにしています。東洋経済の強みを活かしたビジネス、政治・経済、マーケットに関する記事が充実しているのはもちろんのこと、キャリア・教育、ライフスタイルに関する記事も多数掲載。若い世代から経営者層まで幅広い層に支持されています。

主なメニュー

リッチアド_動画フォーマット(レクタングル枠) New!
リッチアド_動画フォーマット(インタースクローラーSP) New!
3回シリーズタイアップ
編集記事風体裁(CMS)
オリジナルデザイン(HTML)
Youtubeタイアップ動画_ライトプラン New!
Youtubeタイアップ動画_ネイティブプラン New!
リニューアル10周年記念フォーラム New!

メニュー例