2021年9月27日発売(10/2日号)
広告特集/雑誌×WEB クロスメディア企画

新型コロナウィルスの大流行により私たちの暮らしは激変しました。「巣ごもり」に伴いEC需要が拡大。荷物を保管・配送するために物流施設への関心は一層強まっており、IoTによる物流改革など、物流戦略は企業において益々重要視されています。
新型コロナウィルスの大流行により私たちの暮らしは激変しました。「巣ごもり」に伴いEC需要が拡大。荷物を保管・配送するために物流施設への関心は一層強まっており、IoTによる物流改革など、物流戦略は企業において益々重要視されています。

クロスメディア展開

これからの時代の「物流施設」戦略仮題

これからの時代の「物流施設」戦略

雑誌:2021年9月27日発売(10/2日号)
WEB:2021年10月6日~

企画趣旨

新型コロナウィルスの大流行により私たちの暮らしは激変しました。「巣ごもり」に伴いEC需要が拡大。荷物を保管・配送するために物流施設への関心は一層強まっており、IoTによる物流改革など、物流戦略は企業において益々重要視されています。物流施設戦略のパートナー選びは、多くの企業における経営課題といえるでしょう。

そこで『週刊東洋経済』9月27日発売号(10月2日号)におきまして、広告特集「これからの時代の『物流施設』戦略  (仮)」を企画いたしました。様々な視点から、物流戦略の重要性、先進の物流施設がもたらす効果などを有識者のインタビューによって解説し、続く広告ページにて参画広告主様の商品・サービスをご紹介いたします。

『週刊東洋経済』読者層のボリュームゾーンは企業の経営者・マネジメント層が中心。また、ビジネス誌系サイトNo.1のアクセス数を誇る『東洋経済オンライン』でクロスメディア展開をすることで、幅広いステークホルダーに訴求することも可能です。こうした媒体特性を考慮すれば、コストパフォーマンスに優れた広告効果を発揮できるものと確信しております。貴社PR戦略の一環として『週刊東洋経済』のご活用をご検討いただければ幸いです。何卒よろしくお願いいたします。

媒体概要
週刊東洋経済

マネジメント層が中心読者
読者全体の約5割を占めるコア層は、経営の中枢を担うマネジメント層であり、企業活動の意思決定に関与する立場にある読者は約6割にものぼります。
120年を超える歴史
『週刊東洋経済』は2015年11月に創刊120周年を迎えました。全上場会社に担当記者を配置するという独自の取材体制を生かした誌面作りに対しては、長年にわたり企業経営のトップ及びミドル層から高い支持をいただいております。

掲載概要

スケジュール・掲載料金(税別)