2021年6月下旬公開予定
東洋経済オンライン広告特集

コロナ禍以降、リモートワークを導入する企業が急増。柔軟な働き方の実現、生産性の向上といったリモートワークのメリットに注目が集まり、働き方の選択肢を広げるための制度として、本格的にリモートワークの定着を図る企業も多々出ています。
コロナ禍以降、リモートワークを導入する企業が急増。柔軟な働き方の実現、生産性の向上といったリモートワークのメリットに注目が集まり、働き方の選択肢を広げるための制度として、本格的にリモートワークの定着を図る企業も多々出ています。

実は、リモートワークで
差がついている
強い会社の新常識
「サイバーセキュリティ」仮題

実は、リモートワークで<br>差がついている<br>強い会社の新常識<br>「サイバーセキュリティ」

2021年6月下旬公開予定

企画趣旨

コロナ禍以降、リモートワークを導入する企業が急増。柔軟な働き方の実現、生産性の向上といったリモートワークのメリットに注目が集まり、働き方の選択肢を広げるための制度として、本格的にリモートワークの定着を図る企業も多々出ています。

しかしリモートワークには、実はセキュリティ面の脆弱性が指摘されています。私用のデバイスや家庭用インターネット環境、社外での業務などは、サイバー攻撃の被害を受けるリスクが高まります。従業員が無断で、正式に許可されていないデバイスやクラウドサービスを利用する通称「シャドーIT」「野良クラウド」も、情報システム部門の頭を悩ませています。さらに、これまで安全とされてきたVPNも、実はセキュリティ上の課題を抱えていることが指摘されはじめています。

こうしたリモートワーク環境の不備を突くサイバー攻撃は、年々悪質化・高度化しています。この現状に対して、特に経営者や情報システム部門は、これまで以上にセキュリティを意識する必要があるでしょう。しかし企業によって対応レベルは大きく異なり、定着にはさまざまな課題が山積しているのが現状です。

そこで本企画では、リモートワークを定着させるうえで注意すべきセキュリティリスクとその対策を解説します。ニューノーマル時代に安心安全な勤務環境を構築するためには、最新のツールを導入して、サイバーセキュリティ対策を講じる必要があることを訴えます。

媒体概要
東洋経済オンライン

幅広い読者の関心を集める注目のWEBメディア
2003年6月にスタートした「東洋経済オンライン」は、2012年11月に大幅リニューアル。それ以来PV, UBともに急上昇を示し、ビジネス誌系サイトNo.1の地位を不動のものにしています。東洋経済の強みを活かしたビジネス、政治・経済、マーケットに関する記事が充実しているのはもちろんのこと、キャリア・教育、ライフスタイルに関する記事も多数掲載。若い世代から経営者層まで幅広い層に支持されています。

掲載概要

スケジュール・掲載料金(税別)