2018年3⽉12日(⽉)発売/2018年3⽉17日号
広告特集/雑誌×Web クロスメディア企画

海外出張の頻度、重要性は日に日に増すばかりです。デジタルツールの進化もあり、かつては煩雑だった出張のアレンジや現地における連絡手段に関しても利便性が高まっています。快適な出張を実現するためにも、ビジネスの結果を左右するツール、サービス、ノウハウなどは今後もビジネスパーソンにとって益々注目されるといえるでしょう。
海外出張の頻度、重要性は日に日に増すばかりです。デジタルツールの進化もあり、かつては煩雑だった出張のアレンジや現地における連絡手段に関しても利便性が高まっています。快適な出張を実現するためにも、ビジネスの結果を左右するツール、サービス、ノウハウなどは今後もビジネスパーソンにとって益々注目されるといえるでしょう。

東洋経済オンライン 特設サイト同時展開

失敗しない出張術
ビジネストラベル特集仮題

失敗しない出張術<br>ビジネストラベル特集

『週刊東洋経済』(雑誌) 発売⽇:2018年3月12⽇(月)
『東洋経済オンライン』(Web) 掲載期間:2018年3月20⽇(⽕)~4月17⽇(⽕) 4週間

企画趣旨

世の中のグローバル化に伴い、海外出張の頻度、重要性は⽇に⽇に増すばかりです。デジタルツールの進化もあり、かつては煩雑だった出張のアレンジや 現地における連絡⼿段に関しても利便性が⾼まっています。ただ、滞在地によって必要なツール、サービスは様々で、それぞれのエリアに最適化されていることが 導⼊の条件となっています。また出張の際は、移動時や滞在するホテルで過ごす時間において、いかにストレスを溜めないかが出張の成果を左右するとまで⾔ われています。ビジネスの結果を左右するツール、サービス、ノウハウなどは今後もビジネスパーソンにとって益々注目されるといえるでしょう。

そこで、『週刊東洋経済』2018年3月12⽇発売号におきまして、広告特集「失敗しない出張術 ビジネストラベル特集」(仮題)を企画いたしました。本 企画では国内外のビジネストラベルにおける快適で効率的な出張術について総論ページで解説し、続く広告ページでは参画企業様の商品・サービス、ソリュー ションをご紹介して参ります。

『週刊東洋経済』読者層のボリュームゾーンは企業および官公庁のトップおよびミドル。 組織内の意思決定に⼤きな影響⼒と権限を⾏使しうるマネジメント 層がメイン読者です。また、ビジネスの最前線で活躍する30-40代の読者が多く、ビジネス誌系サイトNo.1のPVを誇る『東洋経済オンライン』によるクロス メディア展開で、ビジネスパーソンに広くリーチし、訴求効果が期待できます。こうした媒体特性を考慮すれば、コストパフォーマンスに優れた広告効果を発揮でき るものと確信しております。

貴社PR戦略の⼀環として本企画へのご参画をご検討いただければ幸いです。何卒よろしくお願い申し上げます。

媒体概要
週刊東洋経済

マネジメント層が中心読者
読者全体の約5割を占めるコア層は、経営の中枢を担うマネジメント層であり、企業活動の意思決定に関与する立場にある読者は約6割にものぼります。
120周年を迎える歴史
『週刊東洋経済』は2015年11月に創刊120周年を迎えました。全上場会社に担当記者を配置するという独自の取材体制を生かした誌面作りに対しては、長年にわたり企業経営のトップ及びミドル層から高い支持をいただいております。

掲載概要

週刊東洋経済
2018年3月12⽇発売号(3月17⽇号)
<総論ページ>編集ページ(扉を含む3ページ)を掲載。国内外のビジネストラベルにおける効率的な出張術について解説する予定です。
<広告ページ>編集ページに続いて広告主様の商品・サービスを記事広告もしくは純広告の形で訴求します。
東洋経済オンライン
トップページからの誘導期間:3月20⽇(⽕)~4月17⽇(⽕)
4週間 タイアップ記事の場合:10,000PV保証
総論ページ全⽂を流し込み、右⼿にロゴのバッジ広告として掲載し、広告主様のホームページへリンクを貼ります。

スケジュール・掲載料金(税別)

記事広告お申込〆切 純広告〆切 校了日 発売日
1月12日(金) 2月9日(金) 3月2日(金) 3月12日(月)
体裁 ページ数 企画料金

東洋経済オンライン

+記事広告

2ページ 2,800,000円(通常3,300,000円のところ)
1ページ 2,000,000円(通常2,300,000円のところ)
純広告(WEBはリンクのみ) 2ページ 1,500,000円(通常1,700,000円のところ)
1ページ 800,000円(通常900,000円のところ)

オプションプラン(※別料金)

■ 抜き刷り(小冊子)

記事広告を抜き出して印刷いたします。
『週刊東洋経済』の表紙やロゴを配した小冊子を営業ツールとしてご利⽤いただけます。