ふるさと納税が定着して久しく、令和1年度の受入額は年間約4875億円、受け入れ件数は約2334万件※と規模も拡大しています。金額や件数が大きくなっても、「地元や応援したい自治体を支援する」というふるさと納税の原点は変わりません。
ふるさと納税が定着して久しく、令和1年度の受入額は年間約4875億円、受け入れ件数は約2334万件※と規模も拡大しています。金額や件数が大きくなっても、「地元や応援したい自治体を支援する」というふるさと納税の原点は変わりません。

クロスメディア展開

地方自治体限定企画
「ふるさと納税」で紡ぐ地方の未来仮題

地方自治体限定企画<br>「ふるさと納税」で紡ぐ地方の未来

企画趣旨

ふるさと納税が定着して久しく、令和1年度の受入額は年間約4875億円、受け入れ件数は約2334万件※と規模も拡大しています。金額や件数が大きくなっても、「地元や応援したい自治体を支援する」というふるさと納税の原点は変わりません。そこで、『週刊東洋経済』ならびに『東洋経済オンライン』におきまして、 『「ふるさと納税」で紡ぐ地方の未来』(仮題)と題した広告企画を立案いたしました。

本企画では、インタビューや写真を交えて貴自治体の魅力を伝えることで、貴自治体のふるさと納税への興味関心を喚起いたします。記事は本企画オリジナルのデザインにてご紹介させていただきます。また、『週刊東洋経済』誌面の内容を、『東洋経済オンライン』に掲載するプランもご用意しました。こちらで、貴自治体をより幅広いビジネスパーソンに訴求することを目指してまいります。
※総務省HP 令和2年度ふるさと納税に関する現況調査について より

媒体概要
週刊東洋経済

マネジメント層が中心読者
読者全体の約5割を占めるコア層は、経営の中枢を担うマネジメント層であり、企業活動の意思決定に関与する立場にある読者は約6割にものぼります。
120年を超える歴史
『週刊東洋経済』は2015年11月に創刊120周年を迎えました。全上場会社に担当記者を配置するという独自の取材体制を生かした誌面作りに対しては、長年にわたり企業経営のトップ及びミドル層から高い支持をいただいております。

掲載概要

スケジュール・掲載料金(税別)