2020年9月7日(月)発売/9月12日号
「週刊東洋経済」広告特集

都心部の一極集中型の経済状況に大きなリスクが存在していることが注目されている中、テレワーク、サテライトオフィスをはじめとして新たな働き方を模索している企業が増えています。
都心部の一極集中型の経済状況に大きなリスクが存在していることが注目されている中、テレワーク、サテライトオフィスをはじめとして新たな働き方を模索している企業が増えています。

クロスメディア展開

地域を活かす経営戦略仮題

地域を活かす経営戦略

『週刊東洋経済』(雑誌)発売日:2020年9月7日(月)
『東洋経済オンライン』(Web)掲載期間:2020年9月16日(水)11:00~10月14日(水)11:00

企画趣旨

都心部の一極集中型の経済状況に大きなリスクが存在していることが注目されている中、テレワーク、サテライトオフィスをはじめとして新たな働き方を模索している企業が増えています。総務省でも「おためしサテライトオフィス」事業を推進するなど、国レベルで新たな働き方を模索しています。弊社刊『LIFESHIFT』(リンダ・グラットン、アンドリュー・スコット著)で述べられているような「誰もが100年生きうる時代」に向けて兼業・副業といったアクティブな活動も広がっています。

この流れを受け、『週刊東洋経済』2020年9月7日発売号におきまして、「地域を活かす経営戦略」(仮題)をテーマとした広告特集を企画いたしました。本企画の総論ではテレワーク、サテライトオフィス、起業をはじめとした新たな働き方のポイントを解説し、続くPRページにてご参画自治体様の取組みや優位性をご紹介して参ります。

オプションとして、30代~50代のビジネスリーダーを読者に抱えたビジネス系No.1WEBメディアである『東洋経済オンライン』での展開も可能です。

企業内での意思決定に大きな影響力を持つマネジメント層がメイン読者の『週刊東洋経済』での展開で高い訴求効果が期待できます。
貴自治体PR戦略の一環として本企画へのご参画をご検討いただければ幸いです。何卒よろしくお願いいたします。

媒体概要
週刊東洋経済

マネジメント層が中心読者
読者全体の約5割を占めるコア層は、経営の中枢を担うマネジメント層であり、企業活動の意思決定に関与する立場にある読者は約6割にものぼります。
120年を超える歴史
『週刊東洋経済』は2015年11月に創刊120周年を迎えました。全上場会社に担当記者を配置するという独自の取材体制を生かした誌面作りに対しては、長年にわたり企業経営のトップ及びミドル層から高い支持をいただいております。

掲載概要

スケジュール・掲載料金(税別)