2021年2月22日(月)発売/2月27日号
広告特集/雑誌×Webクロスメディア企画

厳しい競争環境の中で多くの企業が成長戦略の舞台を詳細に比較検討しているとも想像されます。立地場所の選定も、例外ではないでしょう。
厳しい競争環境の中で多くの企業が成長戦略の舞台を詳細に比較検討しているとも想像されます。立地場所の選定も、例外ではないでしょう。

クロスメディア展開

企業誘致広告特集
企業が輝く舞台仮題

企業誘致広告特集<br>企業が輝く舞台

企画趣旨

経済産業省が発表した工場立地動向調査結果※によりますと、2018年の工場立地件数は527件と、リーマンショック以降最大件数となりました。上場企業全体の決算が好調なうえ、働き方改革を求める機運もプラスに働いているのかもしれません。しかし一方では、厳しい競争環境の中で多くの企業が成長戦略の舞台を詳細に比較検討しているとも想像されます。立地場所の選定も、例外ではないでしょう。

こうした中、企業から選ばれる自治体になるためにも、地域の特長や優位性、地域づくりの理念、将来像などを積極的に訴求し続けていくことが、成果につながると言えるでしょう。企業立地をめぐる地域間競争も激しくなっていくことは間違いありません。目指されている地域づくりに寄与するような企業から共感と理解とを獲得するためにも情報発信が欠かせないとも言えるでしょう。

そこで、『週刊東洋経済』2021年2月22日発売号(2月27日号)におきまして、広告特集「企業立地企業が輝く舞台」(仮題)を企画いたしました。

『週刊東洋経済』読者層のボリュームゾーンは企業および官公庁のトップおよびミドル。組織内の意思決定に大きな影響力と権限を行使しうる層とも重なり合います。またビジネスサイトNo.1のアクセスを誇る『東洋経済オンライン』でもクロスメディア展開することでより広いビジネスパーソンに訴求することが可能です。企業立地PR戦略の一環として『週刊東洋経済』ならびに『東洋経済オンライン』のご活用をご検討いただければ幸いです。何卒よろしくお願いいたします。

※平成30年上期工場立地動向調査(速報)より

媒体概要
週刊東洋経済

マネジメント層が中心読者
読者全体の約5割を占めるコア層は、経営の中枢を担うマネジメント層であり、企業活動の意思決定に関与する立場にある読者は約6割にものぼります。
120年を超える歴史
『週刊東洋経済』は2015年11月に創刊120周年を迎えました。全上場会社に担当記者を配置するという独自の取材体制を生かした誌面作りに対しては、長年にわたり企業経営のトップ及びミドル層から高い支持をいただいております。

掲載概要

スケジュール・掲載料金(税別)