2018年4~5月掲載
広告特集/WEB ×雑誌 クロスメディア企画

新カリキュラムの実施や大学入学共通テストのスタートなど、次世代を担う子どもたちの教育環境は大きく変わろうとしています。読者が子どもの教育について検討・選択をするにあたっての一助として、本企画をご活用ください。
新カリキュラムの実施や大学入学共通テストのスタートなど、次世代を担う子どもたちの教育環境は大きく変わろうとしています。読者が子どもの教育について検討・選択をするにあたっての一助として、本企画をご活用ください。

クロスメディア展開

「生きる力」を育てる
"子どもの教育"特集仮題

「生きる力」を育てる<br>

『週刊東洋経済』(雑誌) 発売日:2018年4月23日(月)
『東洋経済オンライン』(WEB) 掲載期間:2018年5月2日(水)11:00~ 5月30日(水)11:00

企画趣旨

2017年3月、文部科学省は「新学習指導要領」を発表し、幼稚園では2018年度、小学校は2020年度、中学校は2021年度、高校では2022年度から 新カリキュラムが実施されていく予定です。また、2020年度からは大学入試センター試験に代わって、「話す力」や「表現力」も重視した大学入学共通テスト( 仮称)もスタートする予定で、次世代を担う子どもたちの教育の重要性も再認識されています。

そこで『東洋経済オンライン』『週刊東洋経済』では、広告特集 「生きる力」を育てる“子どもの教育“(仮題)を企画いたしました。 本企画の総論では、乳幼児期・児童期の教育の重要性について解説し、続くPRページにてご参画広告主様の特色をご紹介することで、読者が子どもの教育 について検討・選択をするにあたっての一助となる企画として展開します。

ビジネス誌系サイトNo.1のPVを誇る『東洋経済オンライン』の中心読者は、ビジネスの最前線に携わる30~40代のビジネスパーソン。私生活では、未就学児~小学生の子どもを持つ方も多く、子どもの教育にも高い関心を示しています。日本で最も歴史のあるビジネス誌『週刊東洋経済』の中心読者は、組 織内の意思決定に大きな影響力と権限を行使しうるマネジメント層。50~60代のビジネスパーソンが半数以上を占めており、私生活では孫の誕生も増えてく る世代です。WEBと雑誌でクロスメディア展開することにより読者へのリーチが広がり、高い訴求効果が期待できます。ともに読者は、所得の高い購買力のある 富裕層になりますので、コンシューマー向けのPRにも効果的です。こうした媒体特性を考慮すれば、コストパフォーマンスに優れた広告効果を発揮できるものと 確信しております。

PR戦略の一環として、本企画へのご参画をご検討いただければ幸いです。

媒体概要
週刊東洋経済

マネジメント層が中心読者
読者全体の約5割を占めるコア層は、経営の中枢を担うマネジメント層であり、企業活動の意思決定に関与する立場にある読者は約6割にものぼります。
120周年を迎える歴史
『週刊東洋経済』は2015年11月に創刊120周年を迎えました。全上場会社に担当記者を配置するという独自の取材体制を生かした誌面作りに対しては、長年にわたり企業経営のトップ及びミドル層から高い支持をいただいております。

掲載概要

週刊東洋経済
2018年4月23日発売号(4月28日・5月5日合併号)
<総論ページ>編集ページ(扉を含む3ページ)を掲載。
<広告ページ>編集ページに続いて広告主様の商品・サービスを記事広告もしくは純広告の形で訴求します。
東洋経済オンライン
トップページからの誘導期間5月2日(水)11:00~ 5月30日(水)11:00
・総論ページ全文を流し込み、右手にロゴのバッジ広告として掲載し、広告主様の記事広告ページへリンクを貼ります。

スケジュール・掲載料金(税別)

記事広告お申込〆切 純広告お申込〆切 校了日 発売日
3月2日(金) 3月16日(金) 4月13日(金) 4月23日(月)
体裁 ページ数 企画料金

東洋経済オンライン

+記事広告

2ページ 3,300,000円(通常3,800,000円のところ)
1ページ 2,500,000円(通常2,800,000円のところ)

東洋経済オンライン+

記事広告+純広告

1ページずつ 3,100,000円(通常3,600,000円のところ)
純広告(WEB掲載なし) 2ページ 1,500,000円(通常1,700,000円のところ)
1ページ 800,000円(通常900,000円のところ)

オプションプラン(※別料金)

■ 抜き刷り(小冊子)

記事広告を抜き出して印刷いたします。 『週刊東洋経済』の表紙やロゴを配した小冊子を営業ツールとしてご利用いただけます。